6
6

press to zoom
5
5

press to zoom
②

press to zoom
6
6

press to zoom
1/14

日本歌唱芸術協会(本部:沖縄)』定例の活動内容

  ■例会:1年に1回開催(既に7回開催)

  ・発声の基礎学習(音声生理学 等)

  ・歌唱演奏の研究

  ・公開レッスン

  ・声楽家のミニコンサート

  ■研修会:1年に1回開催(既に3回開催)

  ・国内外からトップの講師を招聘し、公開レッスン

  ・公開講座・演奏会などの開催

    これまでの招聘は、作曲家の木下牧子、

    テノールのニコラ・ロッシ・ジョルダーノ、

    ドイツ歌曲ピアニストのマルクス・ハドゥラ

  ■歌の集い in 沖縄 演奏会:1年に1回開催

             (既に7回開催)

     《目的》

      ・愛好家会員のための演奏会。

      ・プロフェッショナルなホールで自らの歌声の響きを聴き、

   日頃の勉強の成果を確認し、

   反省点 にも気づく研修の場としての演奏会。

      ・ゲスト出演の専門家会員のアドバイスを受けることができ、

   交流を深める。

  ■定期演奏会/リサイタル含む

      ・2023年に初回を開催予定

      ・専門家会員のための演奏会

      ・オーケストラ、器楽との声楽作品演奏を推奨

      ・日頃の研鑽の成果を発表する場として活用

         リハーサルの一部は会員にのみ公開

      ・定期演奏会の本格的録音を行い、CD化、オンライン公開

 

  ■会報の発行:1年に2回の発行(3月号、9月号)

      ・専門家会員の寄稿文の掲載、および愛好家会員の

         寄稿文を《歌・ことばの集い》枠に掲載

       ※本ホームページ・メニューの「会報・研究誌」参照のほど

     

  ■研究誌『歌唱芸術研究』の発行:1年に1回の発行 (査読有り)

     創刊は2022年5月予定

      ・歌唱芸術に関する研究論文,等による研究誌

       ※本ホームページ・メニューの「会報・研究誌」参照のほど

  ■ 上記、定期活動の他に、理念に則った企画を、適時実施する。 

  ■ 短期計画:一般社団法人化

  ■ 中期計画:『音楽塾(仮称)』創設予定

  ■ 長期計画:『国際歌唱芸術シンポジウム in 沖縄 (仮称)』